2019/05/20

お知らせ


 さだまさしコンサートチケットを1枚お譲りします。興味のある方は、こちらをチェックして下さい。

 さだまさしコンサートチケット購入 「ラクマ」サイトへ

 日程は6月8日(土)の17:00開演、この日はFC岐阜のホーム新潟戦が15:00キックオフですので、勝利を見届けた後に、隣の長良川国際会議場メインホールでコンサートを鑑賞する事が可能です。

 FC岐阜のサポーターで、かつこの日のチケットを買いそびれた『さだまさし』のファン、というレアな方限定のお知らせでした。







2019/05/13

5/12_vs金沢 痛恨の最下位転落


 何が悔しいって、折角の前田遼一#11の2ゴールがフイに終わってしまった事。


 今日のような試合展開では、是が非でも勝ち切る或いは、少なくとも引き分けに持ち込む戦い方が必要だったはず。

 この状況での最下位転落は、ギフの今後に於いて大変厳しい重荷になりそうである。


 今後、金沢のようなスピードを持ち味のチームには更なる対策が必要となる。独立不羈(ふき)が真骨頂の大木サッカーに打開策はあるのか、最後まで期待するしかない。





 最下位に転落したチームが、拍手で迎え入れられる違和感・・・。





2019/05/07

5/5_vs琉球 前田の嗅覚、永島の醒覚。


 連休真っ只中の長良川競技場、FC琉球との初対戦に参戦。陸上競技との併催で、キックオフ1時間前でも入場者の行列は長く続いていた。


 今回もJ2降格エリアを彷徨(さまよ)うギフ、このホーム2連戦で着実に勝点3を積み上げて一つでも好順位を取り戻しておきたい所だ。


 ディフェンスラインに柳澤亘#22が復帰し、前線は前節と同じく若手の起用で得点を狙いに行く。まだまだ誰にでもチャンスが与えられる状態であって欲しい。


 前半には琉球のテクニックに手こずり、またしても先制点を許してしまう展開となったが、何とか最小失点差で凌いだギフは、その後半に勝負を仕掛けて来た。

 後半10分に山岸祐也#9の投入で前線を活性化し、更に後半20分に登場した前田遼一#11が前線でタメを作る。そして、この前への原動力がギフのストライカーに鮮烈なゴールを呼び込む! 遂にギフの令和初ゴールが前田のヘディングシュートから生まれる!


 この勢いを引き寄せたギフは、後半30分に交代した永島悠史#28の覚醒のシュートで『令和の大逆転』に成功する。


 かつての「長良川劇場」を彷彿とさせるスタジアムの盛り上がりの中、ギフは最後のアディショナルタイムを冷静に守り切り、9試合ぶりの3勝目を手にする。

 ホーム戦での勝利は、今や何ものにも代えられぬ喜びの一つとなっている。


 今回の万歳四唱も動画に留めて置きました。






2019/04/28

4/28_vs栃木 追い付いてドローゲーム


 パスサッカーを標榜するギフだが、今日の得点シーンはドリブルで切り込んでのクロスを鮮やかなボレーで決める! この辺りに不調を抜け出す突破口があるような気がする。

 今のギフに足りないのは緩急を付けるサッカー、パスを回しているだけでは得点にならなかった事にもう気付いてくれるだろう。

 次節から大事なホーム2連戦、今日のようなゴールシーンの量産を願おう。



2019/04/21

4/21_vs水戸 『夜明け前が最も暗い』


 決定的に悪くは無かったが、それでも結果が全て。点を取るための最後の1コマに執着や執念みたいなものが、相手のそれに劣っていたように思える。

 勝ち方を知っているの水戸は、スーパーゴールの後には狡猾にも大人のサッカーを仕掛け、首位を堅持してアウェイ戦を終える。

 片やギフは早くも長いトンネルの中、ゴールが奪えない限りそこから抜け出す事が出来ない。このままのサッカーを続けて結果がついてくれば良いのだが、いつまでもみんなが待っていてくれる分けでは無い事は誰もが知っているはずである。


 夜明け前が最も暗いと言う、今のギフは最も暗い、ならば後は夜明けを待つだけか。