2015/09/24

The day after Sapporo-match.


 FC岐阜がアウェイ札幌戦で雪辱を果たした次の日、公開練習が行われる「各務原スポーツ広場 多目的グラウンド」に参戦。

  ホームでの大敗を引きずらずに、守備の意識をしっかり保ち、貴重な勝ち点3を持っての凱旋である。

 小雨の中、リカバリー組はランニングなどのアクティブレスト。




 一方で、控え組も激しいボールタッチ後はクールダウンのランニング。

 本日の練習は正味1時間で早めに切り上げる。こうして9月15日以降、休みなしのスケジュールは27日のアウェイ水戸戦勝利までの長丁場である。




 J2下位クラブの勝ち点差が拮抗して来た状況で、一戦たりとも気の抜けないゲームが続く中、怪我で戦列を離脱している選手の復帰も待たれるところである。





      Go for it, Gifu way     FC岐阜と共に






2015/09/21

9/20_vs大分 『The Long And Winding Road』




 2失点目が全てだった。

 今日の敗因は幾つもあるのだろうが、あの失点のしかたはいけない。一度はクリアしかけただけに後々まで尾を引く結果となった。

 その後の大分は悠然とゲームを支配し、最後にはギフにとどめを刺して降格争いに辛くも踏み止まる。




 今日の完敗は完敗としてすぐに切り替え、降格圏内の他グラブの動向をを留意しつつ、アウェイで一つでも勝ち点を積み上げていくしかない。

 胃の痛い状況の中、長く険しい道ははまだまだ続くが、最後は笑ってシーズンを終えたいものである。




     次の勝利へ FC岐阜と共に







The Long And Winding Road - The Beatles(1969)



2015/09/17

『養老山麓にて』


 FC岐阜の公開練習、「養老スマイルグラウンド」に参戦。


 岐阜市内からはやや遠いトレーニング施設だが、天然芝の状態も申し分なく、この時期に練習を行うには最適の環境である。




 リーグ戦3連勝中でチームの雰囲気も良く、溌剌とした選手の声が養老山脈に木霊する。

 ボールを使ってのディフェンスの連携には、微に入り細(さい)に渡り、ラモス監督の厳しい檄が飛ぶ。




 およそ2時間半の練習があっと言う間に終了、明日からの非公開練習で更に戦術を練り上げ、日曜日の大分戦に勝って4連勝と行こう。

 北九州戦で先発し、その勝利に攻守共に大いに貢献したジウシーニョ選手は、快く写真撮影に応じてくれた。




    FC岐阜と共に在らん。




2015/09/14

9/13_vs北九州 『take me Home』 ~待望の三連勝~


 これから最終戦まで、息の抜けない対戦が続くFC岐阜、サポーター魂の叫びの中、ホーム長良川にギラヴァンツ北九州を迎え撃つ。




 立ち上がりから果敢に攻め込むギフは、幾つかの決定機を演出する。先発に加わったジウシーニョ#9は前線から粘り強く相手DFにチャージし、奪ったボールで速攻へと切り替える。




 圧巻は、高地マジックからのレオミネイロ#33のゴールシーン! 貴重な先制点はチームに勢いを与える。




 後半に入っても一進一退の緊張したゲーム展開が続く、追加点こそ奪えなかったが、その分ギラヴァンツの執拗な攻撃を全員で守りきり、今日も無失点で大切なゲームをものにする。




 してやったりのラモス監督、昨年から目標の一つとしていた『三連勝』が、ここに来てついに達成できた。




 いずれも1-0のスコアでの勝利、攻守のバランスとチームが一体になれば、最少失点差でも勝ち続けられるのである。ある意味この勝ち方は、サッカーの醍醐味の一つなのかもしれない。

  レオミのこの雄姿は、暫くパソコンのデスクトップの壁紙に設定することにしよう。




 待望の三連勝、感激のリザルトは以下の通り。




 すっかり秋めく長良川競技場、来年までバックスタンドのベンチ席の増設工事は続くもよう。




 そして、来週にはJ2残留を確固たるものにするべき、運命のホーム戦が待っている・・・